ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

那須フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会 2017.3.26

第18回 定期演奏会
2017年3月.26日
指揮 田中 祐子 氏
Vn独奏 村井 俊朗 氏
管弦楽 那須フィルハーモニー管弦楽団
曲目 ベートーヴェン  ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
    ブラームス    交響曲第1番 ハ短調 作品68
・・・・・・・・・・・・
ついに今週末となりました。
多くの方々に助けられ、演奏会にたどり着きます。
私は、この演奏会のあと、オーケストラにしばしお休みを頂き、職場復帰する娘の「働く母」を応援したいと考えています。
好きな音楽は辞めたくないので、室内楽を続けようと思います。
那須ふぃるには、優秀なメンバーが数多くおり、講師陣も充実し、なんと、ビオラパートは初めてエキストラなし
という、やっとの感があります。
40歳の時に立てた3つの目標のうち、一つがこのオケの活動でした。
多くのことを学び、得るものが多かったと感謝しています。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 16:39:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オルガンスクール 第3回 定期発表会 を聴く 2017.3.19

小学生から一般まで、11名の発表を聴きました。
パイプオルガンをホールいっぱいに響かせるのは凄い事です。
とても3年でここまでというレベルではなく、音楽の下地ができていてのオルガンスクールであろうと思いました。
バッハのパッサカリアなどは少し粗削りではありながら、思わず感動しました。
・・・・・・・
講師による模範演奏
ジャン フィリップメルカールト氏
 JSバッハ: プレリュードとフーガ ニ長調 BWV 532
 F.リスト: バッハの主題による幻想曲とフーガ
・・・・・
素晴らしい演奏に浸ることができました。
身近にこんなに素晴らしい音楽を聴くことができるのは、大変幸せなことです。
メルカールト氏は長身で均整がとれ、オルガンの貴公子のようです。大ファンです。
  1. 2017/03/21(火) 16:21:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「卵の中の白雪姫」を観る 2017.3.12

那須野が原ハーモニーホール演劇講座発表会を観ました。
作 : 別役 実
演出: 大河内 真由美
音楽: 上野 哲生
証明: 鈴木 淳子
音響: 古賀 みちる
舞台監督: 杉山 幸子
・・・・・・
演劇というのは、言葉が多い。と感じました。
それぞれの役をこなしていて、良かったです。
出演者を輝かせ、観るものに訴えるのに、作から監督まで、これだけの下準備が必要なんだと
改めて思いました。
  1. 2017/03/21(火) 16:10:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017都民芸術フェスティバル オーケストラシリーズを聴く(20173.2)

孫に会いに行くついでに、オーケストラを聴いてきました。

於:東京芸術劇場コンサートホール
出演:東京都交響楽団 指揮 梅田俊明 ピアノ:小山実稚恵 コンマス:山本友重
プログラム:ベートーヴェン
       エグモント序曲   ピアノ協奏曲第5番皇帝    交響曲第8番
・・・・・・・
2回目の東京芸術劇場でした。ほんとにすごいホールです。
この日はパイプオルガンは反響版で隠れていました。
ベートーヴェンの作品はとてもよく知られており、ある意味弾く人は怖い面があるのかもしれません。
なぜなら、きちんと弾かないとならず、音をごまかせないからです。
自分が演奏した曲は、また別の聴き方をしてしまいます。つまり、細かい点まで聴いてしまいます。
しかしやはり一流の音楽は素人のものとは違うので、随分楽しめるのでした。
また聴きに来たいと思いました。
  1. 2017/03/08(水) 11:37:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那須野が原少年少女合唱団定期演奏会を聴く

2月26日に合唱団育成講座(少年少女)第39回定期演奏会を聴いてきました。
指揮:佐藤 綾 ピアノ:小瀧 晴美
プログラム:林 光 作曲 世界のなぞなぞ「ちえくらべ」
        日高 万利子 編曲 イギリスの民謡 ロッホローモンド(スコットランド)
                                スカボローフェア(イングランド)
                                夏の名残のバラ(アイルランド)
                                春の日の花と輝く(アイルランド)
       合唱シアター 「ブレーメンの音楽隊」 大谷美知浩台本作詞 小六 禮次郎作曲
・・・・・・・
全部暗譜で歌っていました。びっくりです。子供の記憶力、集中力、総合力の高さに脱帽しました。
子供を指導するのは忍耐のいることで、指導者のご努力は大きいと思いました。
自分の小さい頃のことを思い出し、この子たちはきっと、将来活躍してくれると感じました。
  1. 2017/03/08(水) 11:19:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK交響楽団を聴く 2017.2.1

孫に会いに行き、コンサートを聴いてきました。
2017都民芸術フェスティバル参加公演
NHK交響楽団 東京芸術劇場コンサートホール

指揮 高関 健
Vn  青木 尚佳

曲目:ショスタコーヴィチ バレエ組曲第1番
    プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 作品63
   チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調 作品36
///
会場は初めて行きました。素晴らしい空間です。
指揮者は楽譜なしで指揮していました。素晴らしい演奏とプログラムでした。
私は3階席でしたが、メンバーが一人ひとり良くみえました。
先日こちらへ演奏に来てくれた三又さんがVnにいました。
チェロに確か玉・・さんがいたように思いましたが、パンフレットには名前がなかったので、勘違いかもしれません。
  1. 2017/02/03(金) 11:49:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横山幸雄ピアノリサイタル in サントリーホール 2017・1・21

何年振りかのサントリーホールでした。
デヴュー25周年記念 横山幸雄ピアノリサイタル
曲目 モーツアルト 幻想曲ハ短調
             ピアノソナタ第14番ハ短調
    シューマン  幻想曲ハ長調
    シューベルト 即興曲ヘ短調
    ショパン    幻想即興曲 嬰ハ短調
             ノクターン第20番 嬰ハ短調 レント・コン・グランエスプレッシオーネ(遺作)
             アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ
             バラード第1番
    リスト     スペイン狂詩曲
・・・・・・・
まさに働き盛りといった感がしました。
よくあの1台のピアノでホール全体を聴かせるものだと感心します。
次々と繰り出す音楽の大洪水といった至福の時でした。
  1. 2017/01/23(月) 11:41:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春寄席 2017.1.15 於ける三島ホール

那須塩原市の文化協会のご縁でききに行きました。
落語、色物 紙切り芸 江戸曲独楽 落語
・・・・・
昔から伝わっている江戸落語の味わいをたっぷりとみることができました。
芸人の芸の素晴らしさには拍手がなりやみませんでした。
落語も素晴らしい芸術です。
  1. 2017/01/17(火) 14:08:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那須野が原ハーモニーホール ニューイヤーコンサート 2017.1.9

第1部 ニューイヤーオルガン
第2部 オペラ カルメン ハイライト
企画協力 御邊典一、高田正人、ジャンフィリップメルカールト
・・・・・・
第1部からずっと聴きました。最後まで3時間ほどでしたか、聴きとおすのも結構大変でした。
第1部オルガンはメルカルトさんで、春の海、古き年は過ぎたり、スケルツォ、英雄的商品、夢のあとに(バリトン寺田功治)、
    この道(ソプラノ大貫裕子)、ウエストサイド物語よりトゥナイト、
    オペラトウーランドットより誰も寝てはならぬ(トロンボーン渡邉善行)、美しき青きドナウと続きました。
第2部オペラハイライトで、フランス語での演奏でした。
    合唱は那須野が原少年少女合唱団で、伴奏はピアノ2台とパーカッションというものでした。
    オケバックでやったカルメンを思い出しました。何度観ても、その時の醍醐味はあり、客を引き込んでいく素晴らしさがあると    思いました。
  1. 2017/01/17(火) 13:58:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューイヤーパイプオルガンコンサート 2017.1.7

娘と1歳になる孫が遠方から帰ってきて、楽しい毎日を過ごしていました。
O歳からのオルガンコンサートがあると知り、行っておいで、と送っていきました。
他にも遠方から里帰りなのか、ナンバーが遠い地方の車が来ていました。
近くに0歳からホールデビューできるところがあるなんて、なんて素晴らしいんでしょう。
大体は小学生以下は入場出来ない演奏会がほとんどです。
娘:いきなり最初からジャーンとはやらないよね、びっくりするもんね。
母:それはそうでしょうね、0歳からだもんね、
・・・・・・・・
0歳からのオルガンこんさーと
曲目 エルガー 威風堂々 バッハ:イタリア協奏曲 主の望みの喜びよ トッカータとフーガ ボヴエ:赤とんぼによる瞑想曲
    ディズニーメドレー サンサーンス:動物の謝肉祭 ヘンデル:メサイアよりハレルヤ
迎えに行くと、皆ニコニコして会場から出てきました。
母:どうだった?
娘:一曲目から爆睡してたよ。最初からジャーンだったよ。前にいた0歳の子はずーっとにこにこだったよ。
  トッカータとフーガは泣き出した子もいたけど。
母:でも演奏聴けてよかったね。娘:うん良かった。
・・・・・・・
アフタヌーン・オルガンコンサート
曲目:バッハ パッサカリア ソナタ 主よ人の望みの喜びよ Gボヴエ 赤とんぼによる瞑想曲 サンサーンス 動物の謝肉祭
    デュリュフレ 組曲作品5より
演奏 大木麻里
オルガンの鍵盤が見えるスクリーンがあり、両手両足をフルに使っているのがわかりました。
鍵盤は3段あり、多種多様な音色が聞こえました。
ストップがいっぺんに戻るのも見ることができました。
デュリュフレという作曲家はオルガンで初めて聴きました。
  1. 2017/01/17(火) 13:32:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Messiah Concert 2016.12.25 in 那須ステンドグラス美術館

昨年に引き続きメサイアコンサートに出演しました。
出演
那須ステンドグラス合唱団 那須室内合奏団
指揮 白井英治 オルガン 原若菜 トランペット 五十嵐理恵
・・・・・・
チケットは11月に発売後1か月で完売だそうです。
館長になられた原若菜さんのオルガンで、7回目のメサイアを演奏できました。
昨年初めて演奏したのですが、今年は昨年より余裕をもって演奏することができました。
ちょうどクリスマスの日で、セントラファエル礼拝堂での演奏と、本格的なクリスマスとなりました。
このような日が自分の未来にあると過去に想像したことはありませんでした。
人生ってわからないです。
この日は演奏前に楽器の調弦が甘かったのか、会場の関係か、初めて演奏途中にD・A線が緩み、ヒヤッとしました。
こんなこともあるんだなあと、良い経験をしました。
  1. 2017/01/17(火) 13:08:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャン=フィリップ・メルカールト オルガン・リサイタル 2016.12.22

第1部 曲目:ブクステフーデ トッカータ へ長調
    チャイコフスキー くるみ割り人形 小序曲 行進曲 金平糖 トレパック アラビア 中国 葦笛 花のワルツ
    ヴィドール ゴシック交響曲
出演:ジャン=フィリップ・メルカールト 
・・・・・
メルカールトさんとっても素晴らしい!!!惚れ惚れしてしまいます。
ゴシック交響曲が良かったです。パイプオルガンが会場いっぱいに響き、圧倒されました。
パイプ数2920本のフランス型パイプオルガンを十分に味わいました。

第2部 曲目 ヴィクトリア:アベマリア モーツアルト:アベベルムコルプス ヘンデルメサイアより2曲
         クリスマスソング
     出演 オルガン ジャン=フィリップ・メルカールト 
         片岡真理指揮那須野が原ハーモニーホール合唱団 佐藤茜ピアノ伴奏
・・・・・
合唱素敵でした。よく声が出ていて、楽しかったです。
合唱団の家族が聴きに来てさぞたくさんの人がいるのかと思いましたが、それほどの客数でもなく、ゆっくりときけました。
冬場のコンサートホールでは風邪などうつらないか心配します。自由席だったので、移動できて気に入った席で聴けたのが
うれしかったです。良い企画だと思いました。
  1. 2017/01/17(火) 12:53:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアノ・トリオの夕べ 2016.12.20

プログラム ハイドン:ピアノ三重奏 第39番「ジプシーロンド」
        コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
        ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番「大公」
出演   宮田 大:チェロ
      長原 幸太:ヴァイオリン
      田村 響:ピアノ
・・・・・
若手トップによる三重奏を聴くことができました。本当にすごい経歴をお持ちの面々での演奏は
とても充実したもので、素晴らしかったです。
コダーイという作曲家はやはり一番むづかしく聞こえました。近代現代になるにつれて、思わず日常の雑事を思い出してしまいましたが、ベートーヴェンの大公になると聞きなれた音楽に安心しました。
まだまだ若いお三人のこれからの大成を願わずにはいられませんでした。
  1. 2017/01/17(火) 12:30:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュニアオーケストラ第3回定期演奏会

指揮 小森康弘
ソプラノ 荒川茉奈
ナレーション 福嶋真理子
演奏 ジュニアオーケストラ
曲目 アンダーソン クリスマスフェスティバル
    ヘンデル 歌劇リナルドより わたしを泣かせてください
    プッチーニ 歌劇ジャンニスキッキより 私のお父さん
    チャイコフスキー バレエ組曲くるみ割り人形より
・・・・・
とても上手になりました。大切なポジションをジュニアが占め、お手伝いに大人が助っ人していますが、
難しい曲をよくこなしており、すごいなあと思いました。
これから成長するジュニアによい環境を与えており、良いことだと思いました。
これからも成長するジュニアオケに拍手を送りました。
  1. 2017/01/17(火) 12:15:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。