ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆっくりとした練習

ごみも昨日出して、掃除もほぼ終り、家人が実家に行ったので、やっとゆっくり練習に取り組める時間を確保できた。

貴重な時間。宝物のような。

まず図書館で本を4冊借りた。オペラの本3冊は写真入で豪華な本。
もう1冊は、山田昌弘氏の「婚活時代」
これはうちの息子への防衛のための知識として。

そして、友人と何年かぶりで昼食。
そう、このブログのおかげで久しぶりの会食となったので、ブログに感謝。

そして、練習。
ゆっくりしたテンポで。
私が楽器を習い始めたころを思い出した。
高校の時、先生を紹介していただき、通った。
あのとき、不思議なほどほんとうにゆっくり練習していた方たちを思い出した。

練習に疲れると、オペラの本をめくった。

実は毎日一緒に仕事をしているひとりに、なんとイタリアオペラの歌い手がいるのだ。

地味な私の世界と、メリーウイドウの主役をやってのける彼女の世界。
いまいち相容れないものを感じていたが、こんな世界を持っていたのか…
私は恵まれていたのに気づかなかった。彼女からもっといろんなことを学べたのにー…
いやこれからでも、学べるかも…と思った。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 10:57:49|
  2. 家でのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習の録音

今年はひとつ家で昨年と変わったことがあります。
そう、居間にコタツを置かず、座卓のままにしてあることです。
なぜかというと、コタツ布団を出すと、もこもこして、おばあさんが足を取られるんではないかと心配したことと、
布団がないほうが掃除しやすいからです。この家を建てて21年、初めてのことです。

ヒーターで暖をとっているので、立ち居が楽で、寒いと思ったら布団に包まり、無理をせず眠ることにしました。

布団に包まって寝る前に、パソコンにつないだヘッドホンで練習の録音を聞くことがあります。
録音係りさんからメールで送られたファイルをダウンロードして聞くのです。
なるほど、こんなことを言われていたのか、とか、こんなに何度も繰り返していたんだとか、
ビオラ聞こえないなとか、あれ、ここはこうじゃなかったっけ?とか思ったりしますが、
あと2ヶ月でいろいろになっていくのかな。

これからの練習がどう進むのか、ついていけるのか、3月の本番前の連日練習がきつそうだなとか、
期待と不安が入り混じりながら、聴き終わると眠ります。
そんな平凡な日々です。
  1. 2009/12/28(月) 20:53:14|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第875回「思い出に残るクリスマス」

ブログを始めて8ヶ月目。たいしたことはつかんでいないのだろう。

でも、たった1行でも、言葉を発していくことの意味が、あるような気がする。

思いを、発していくことを、これからも続けていこうと思う。クリスマスの日でした。
  1. 2009/12/25(金) 20:04:31|
  2. FCトラックバック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初雪

今朝は初雪が降った。午後には晴れて解けてしまったけれど。

毎年、雪が降ると思い出すこと。

ホールのオーケストラ講座が始まったころなので、今から15年前になろうか。

講座仲間のバイオリンのTくんという青年がいました。私と同じ第2バイオリンでした。

彼は社会に出て2年くらいで、一人暮らしで片道1時間を通勤していました。

ある日、雪が降ってしまい、家にかえれなくなり、我が家に助けを求めてきました。

あまり客人が来たことがない我が家に、迷い込んできたTくんのおかげで、

子供たちは急ににぎやかになり、笑い声と活気につつまれました。

その雪の日をきっかけに彼は何度か家に遊びにくるようになりました。

うちは共働きの子育て中だったのと、私の性格が大雑把なため、

掃除は週に1回できるかどうか。家事は手抜きだらけの家でした。

Tくんは、畳の上に髪の毛が1本おちても拾うような細かい神経を持った性格で

当然うちに泊まった次の日はあまり調子がよくなかったようです。

でも、Tくんがくると、家はとても楽しい時間が流れたのです。

そのころ、オケの練習に行っているうちに、ビオラの人数が足りないことが気になりました。

私は、なぜかそのとき、ビオラに転向しようと思いました。

今思うと、私がビオラに転向したきっかけは、Tくんとの楽しいふれあいから生まれたような気がします。

ビオラにチャレンジできるきっかけをもたらした彼は、いまは2児の父親として一家を支えています。

  1. 2009/12/19(土) 22:56:44|
  2. 根っこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

練習日記

・練習のめも ピチカート先にいかないで、音を確かめて出す。
       バブリーな曲はバブリーに。いろんな音出さないこと。 
       和音が変わるとき、少しあけて、出だしを確認する
       歌が伸びるところ、入りを指揮者、コンますに合わせる ミル!ミル!ミル!
       死のカードの不吉さを弦4部で重く表現する

・演奏会形式の場合 舞台背景がないので、表現に占めるオケの役割が重要になってくる。
そんなところで練習めもでした。
  1. 2009/12/17(木) 20:03:50|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮田大と若き仲間たち

イルミネーション1 イルミネーション2

弦楽四重奏を聴いてきました。
宮田大さんは宇都宮出身で、小さい時からダントツの才能だったそうです。
日本人として初のロストロポービッチコンクール優勝の栄冠を得ました。

ヴォルフのイタリアンセレナードに始まり、ハイドン弦楽四重奏曲変ロ長調作品76-4「日の出」
そしてシューマン弦楽四重奏曲イ長調作品41の3だった。
すばらしい演奏だった。

写真はホールのイルミネーション「カルメンのくに」

わたしが良くおじゃまする らびおさんのブログにヴォルフのイタリアンセレナードの紹介がありました。(らびおさんは山形県を中心に活躍しているヴィオラ奏者で、私のブログ上レッスンの先生です)
なので、弦楽四重奏はとても興味がありました。むづかしいですが。
  1. 2009/12/13(日) 18:28:57|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜ベイ

昨日は500キロのドライブをした。
神奈川に引っ越した娘に会いに。

娘はN○Kホールの照明技術をしており、○響アワーの収録などにかかわっている。
あーあの曲のここはお母さんが何度も練習していたところだとか思いながら仕事しているよと言った。

今年はミ○ノス○ラ座が丸ごと公演に来た折、裏方をやった。
車中でその時の様子を話してくれた。
背景の道具類が25箱あり、天井がつかえて折り曲げた話とか。いろいろすごかった話。

親子3人のドライブは鎌倉へ向かい、県立近代美術館へ行った。
内籐礼さんの美術展に行った。
「すべて動物は、世界のうちにちょうど水の中に水があるように存在している」
よくわからないけどほっとするような感じ。

3人で鎌倉駅前で夕飯の寿司を食べ、娘は電車で帰って行った。

鎌倉から、帰り道の横浜ベイの夜景のすばらしかったこと。
とても癒されて帰ってきた。

思い出すと、娘や息子が小学生のころか?
私は勤めから帰るとカレーを作り、子供を置いて週1の練習に出かけた。
それがこんな形で娘に残っているとは思わなかった。

  1. 2009/12/13(日) 10:18:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ある日の話

先週のある日、暖かな日でよかった話
いつものように通勤で家を出た後、夫がすぐに仕事に出かけた。
ばあさんはその時庭で菜っ葉を取っており(夫は知らずに鍵をかけて出かけてしまったので)
家に入れなくなってしまった。

なんと、ばあさんは1日中飲まず食わず、家の外で、草をむしったり、枝をまるったりして
過ごしたんだと。

暗くなって家に帰ると、ばあさんは元気にしており、やっと家に入れたのだ。
庭のトマトなどを食べていたそうだ。
戦争を経験している人は強い。
  1. 2009/12/13(日) 09:59:42|
  2. 家でのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しょっく

もう月半ばだというのに、更新が2回で止まってしまった。
というのは最近ちょっと、変で。

たとえば家で楽器を弾きはじめると、一瞬目の前にマイク先生が大きく指揮を振り出したり…
夢の中で…練習していると「皆さんのやっているのはオペラじゃありません。」といって先生が出て行ってしまったり…
今までそんなことはなかったのだけれど。

私は平凡な仕事と家庭をもったおばはんで、ちょっとしたオペラの世界とのかるちゃーしょっくのような感じかも。

明日は娘が引越しをしたので会いに行ってきます。
  1. 2009/12/11(金) 19:21:14|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホセの高田正人さんのブログ

やったー!!
3月にホセの役を演じてくださる「高田正人」さんと交信できた!!!
とてもうれしい。

彼のブログは以下のとおりです。
カルメンのことも載っているそうです。
うたうひとDACHONのニューヨーク奮闘記

http://yaplog.jp/dachin55/
以下こぴぺさせていただきます。高田さんありがとうございました。

>ビョばばさま
コメント有難うございます~~!!
なんと3月の那須のカルメンのオケの方なのですね~!!
見つけてくれて有難うございます^^
もう8カ月も練習されているのですねぇ~!
こちらNYにも譜面が届いておりますよ~^^
皆さんにお会いできるのを楽しみにいたしております!!
ブログ載せていただけるのも嬉しいです^^
(アホなのがバレるかもしれませんが…汗)
オケの皆さまによろしくお伝えください!
あ、それと以前杉並でカルメンをやった時の日記にセヴィリヤやアンダルシアの写真がありますのでご参考までにどうぞ!拙筆で恐縮ですが。。。
http://yaplog.jp/dachin55/archive/43

テーマ:+:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル:日記

  1. 2009/12/05(土) 23:48:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

僕の練習に・・・

昨日の練習では、こんな風に言われた。
「厳しいようですが、原則1月からの練習に3回以上休む方は残念ですが降りていただきます。」
これは私たちに対して厳しい言い方に聞こえるけれど、
逆に本番直前になってから降りてくださいと言われるよりは
はるかに親切なのかもしれない。
責任を持つ人の計画ある指導と受け止めるしかないのかもしれない。
私たち弱小ビオラーズは今まで何とか少人数で頑張ってつないできたが、
今までの見えないつながりが絶たれるようでとても寂しい。
Nさん、Tさん、Sさん、その他いろんな方々が、そのつどシンフォニーを彩ってくださった。
でも、私にはどうにもならない。
ここ関東の北の地には、ビオラーズの発展は望めないのだろうか。
昔の面々の顔が思い浮かぶのだけれど…昔には戻れないので残念

1月からの練習に出られる私は幸せだと感じている。
  1. 2009/12/03(木) 20:15:10|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。