ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな煙突掃除屋さん

親子オペラ講座による公演 ベンジャミン・ブリトゥン作曲
演出・講師:宮本哲朗 指揮:荻町修 ピアノ:柴本ゆかり
栃木県総合文化センターメインホール 栃木県オペラ協会実施
2010-03-28_13-54.jpg

行ってまいりました。主役のサムさんからご招待いただいたので、宇都宮まで出かけました。
文化センターメインホールは音がデッドで、オペラ向きなのかもしれません。
子供たちの合唱と12人のソリストによる日本語での、1時間15分のわかりやすいオペラでした。
それぞれの役柄がとても良く合っていて、おもしろかったです。

オペラが文化として一般に浸透するためには、こういった簡単なオペラも良いですね。
ブリトゥンの和音が新鮮でした。珍しく同席した夫もねむらないで鑑賞していました。
一日寒かったですが、親子で鑑賞している人たちが多く、とても暖かな雰囲気でした。
ご招待ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 20:55:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の事情

 個人のプロフィールにも書きましたが、この時期は1年で最も環境の変化が激しく、自分のやりたいこと、やれることを手探りでじっくり考える時なので、お休みすることも多くなるかと思います。
 また、ネット環境が、8年使用しているパソコンで、立ち上げてウイルスチェックするのに時間がかかり、それでもスパムメールが10件以上入ります。なおかつ、コメントが紛れたり、ウイルスに格納されたりして、余計な神経を使ったりの状態で、ご迷惑をおかけしているかもしれませんので、それらを含めてお許しをいただきたいと思います。
2010-02-14_09-49.jpg
更新は少なくなりますが、これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2010/03/24(水) 06:11:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tokyo Cello Ensemble

聴いてまいりました。東京チェロアンサンブル イン那須野が原ハーモニー
13人の若手チェリストのバッハです。
いつもは東京の紀尾井ホールで開催だそうで、栃木県が誇る宮田大さんがふるさと公演です。
しかも東京では3500円ですが、こちらでは2000円です。
1982年から1988年生まれの20代で、女性7名男性6名でした。

曲目は フンク 組曲ニ長調  ヴィラロボス ブラジル風バッハ組曲第1番
バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番シャコンヌ(編曲ヴァルカ)
そして委嘱作品 石島正博 コンチェルティーノ(作曲者ご本人がいらっしゃいました)
カザルス 東方の三賢人  
アンコールにカザルス鳥の歌 そしておくりびと
でした。

それぞれが素晴らしい独奏者でありながら、呼吸が良く合っており素晴らしかったです。
フンク 組曲ニ長調では、弦4部の構成が美しかったです。チェロと各人の個性が楽しめました。
ヴィラロボス ブラジル風バッハ組曲第1番は迫力があり、すごい演奏でした。
無伴奏パルティータは、宮田さんの1Vcが際立って素敵で、3人もよかったです。若い世代にこの曲の良さが引き継がれているんだと思いました。
石島正博さんの委嘱作品は難曲のようでしたが、すごかったです。小協奏曲という意味だそうです。
13人のチェロは圧巻でした。
私はほんとうに恵まれた環境で、インスパイアされっぱなしです。
練習しなければ。
  1. 2010/03/21(日) 17:18:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鈴木康浩ヴィオラリサイタル

行ってまいりました。日曜日に1日仕事だった自分への褒美として半日やすんで初台のオペラシティまで行って来ました。日ごろは栃木県北をすみかに、狭い範囲しか行動できないので、日帰りでとんぼ返りです。

鈴木康浩さんは読響のヴィオラトップです。なぜ行ったかというと、私の勘違いもあったのですが、とにかくヴィオラの演奏会は初めてですし、まともに聴いたことがありませんでした。

曲目はバッハ無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番全曲 ヒンデミットヴィオラソナタOP11-5 林光 蔓枝
クヴァンダル エレジーとカプリッチョ クラーク ヴィオラソナタ そしてシューマンのアダージョとアレグロ

無伴奏ばかりで、よく弾けると感心しました。バッハは懐の深い抱擁力のあるやわらかい音やいろんな音色でした。
それだけでもすごいのに、次々と無伴奏曲で、表現力が豊かな音でぐいぐいと引っ張られました。
林光さんご自身もお見えになっており、拍手で迎えられました。

このすばらしいヴィオラという楽器を私はこんなに多彩な音色が出るとは知りませんでした。CDで聞いた時はなんだか眠くなるなーと感じましたが、実際の演奏は迫力満点でした。自分が演奏している楽器とは別物に聞こえました。
1音1音がはっきりしていて、素晴らしい演奏内容でした。交通費をかけても行ってよかったと思います。

それはそうと、あすは練習だった。あーどうしよう。困ったけれど、どんなに弾けずとも練習には行くことにしている。どんなに足を引っ張ろうと、どんなにけなされようと。がんばるぞーーーー
  1. 2010/03/17(水) 00:01:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルメン大成功

2010-03-07_22-49_0001.jpg
ブロトモのドルチェ♪さんから素敵な花束をいただきました。すごくうれしかったです。ありがとうございました。
ドルチェ♪さんはどんぐりスマイル児童合唱の伴奏をなさったり、ピアノ演奏をしている方です。
いつもはげましをくださいます。おかげさまですばらしい演奏会となりました。
そして、いつも聴きにきてくださり、楽屋で声をかけてくださる団友の皆さんも、差し入れ持参で励ましをありがとうございました。そして、合唱の方からもチョコをいただきました。本当にありがとうございます。

今回は観客含め全部で1400名位の人が一同に会し歌と演奏を楽しむオペラとなりました。
こんなめったにない機会を与えてくださったことに感謝です。
そして、オーケストラとしての進歩は、我々ビオラパートを除けばほとんど自前の団員で成り立っているということです。人口は北那須あわせて23万人くらいなのに、オーケストラの形をしていることが、20〰30年前に比べたら格段の進歩ではないかと思ったことです。

昨日の打ち上げでは、徐々に盛り上がり、みんなで万歳を叫びました。
今日はまだ頭の中にホセやミカエラの歌や、カルメンの節がよみがえってきて、余韻がさめません。

弦の各パートにプロのトップが入ってくださったことによって、私たちは本当に楽に楽しんで音をだすことができました。このかたちはぜひ、今後の参考になることだと考えます。
なにより、私は、普段の練習で、一人で指揮者の前で弾かなければならなかった辛い時間を経たので、鍛えられました。でも辛いのはいやなので、バイオリンの人の腕を引っ張って、なんとかビオラの仲間にいれようと声掛けを始めました。

そして、音楽だけでなく、おあづけしていたことがほかに2つ3つと溜まっているので、新しい譜面と共に新しい気持ちで新年度を迎えたいと思います。
  1. 2010/03/08(月) 20:56:16|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

いよいよ本日

image0020.jpg
本日いよいよ本番です。さまざまなかたがたのお力添えのもとに今日を迎えられこころから感謝いたします。
ブログでも応援いただきありがとうございます。

音楽の良いところは、ひとつの曲を演奏するという目標の元に、老若男女皆親しくなれることです。
自分の息子や娘のような若者と、日本を代表するプロと、みんなでひとつの曲を演奏できることです。

今日は感動の嵐となるような気がします。

写真は、同級生の洋蘭農家の磯とっちゃんが製作し、昨年の同級会でいただいた鉢を、うちのおばあさんが
大切に育て、花咲かせたものです。
  1. 2010/03/07(日) 09:59:55|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ明日

image0018.jpg
連日練習が続いている。私は時間の許す限り早めにホールに行くことにしている。
すると誰かがもう来て、音出しや練習をしている。
私は体をほぐしたり、お話をしたり、始まる前の静かな時間を過ごしている。
そのうち、2人3人、そしてたくさんの人が集まってくる。

まとめ役であったり、裏方であったりすると、演奏と諸用が重なり、ほんとうに大変なことだと思う。
演奏に集中できる自分は恵まれているのだと思う。

このブログのおかげで、お声をかけてくださる方がおり、あー無駄ではないんだと思った。
うたうひとdachonさんとも、前からのお知りあいのようにお話でき、うれしかった。
さて、今日はゲネプロ、明日は本番です。
  1. 2010/03/06(土) 09:21:27|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里芋

2010-02-14_10-02.jpg

1昨日は総勢200名がステージに上がった。
いろいろだったけれど、とても興奮して帰ってきた。
頭の中で「べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・」と、いろいろの攻撃がぐるぐるしながら帰ってきた。

そして、台所に行って、里芋を、洗った。
おばあさんがもらってきてくれた土のついた里芋が、いたんできたので、洗って皮を剥き始めた。
里芋はつるつるしてむきづらい。
5こ10こむいている最中も「べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・べきだ・・・」

誰に向かって思っているのかわからないが、自分や仲間や・・・攻撃の気持ちがふつふつと煮えたぎっていた。
昨年も演奏会1週間前に、忘れられない出来事があって、それは、みんなが、なんとか良い演奏会にしようと思うので激しくぶつかったのだが、予想外の印象を残したことだった。
またか、またなのかな・・・

15個くらい剥いてから、少しつかれたので、ごぼうと里芋の味噌汁を作った。残りはビニールに入れて冷蔵庫にしまった。
夕食を食べる時になってやっと、頭が落ち着いてきた。
今年はこの方法で頭を静めようと思う。
  1. 2010/03/02(火) 06:34:44|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。