ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水曜日は興奮しております

2010-07-25_21-01.jpg
写真は山形 夜の銀山温泉 下駄履きで散歩しました。

水曜日は練習から帰って来て、ちょっと寝酒の力を借りて寝ようとすると、家人が風呂に入ったりして、寝そがれてしまいます。寝ることも体力を必要とし、何でも体力勝負ですが、疲れすぎたのか寝付けません。

やはり、1泊の旅でも十分疲れているのかもしれません。
春に、この旅行を考えていたのですが、それからすべてのことに注意することで、この旅ができました。
家のことや、仕事のこと、体調そういったもろもろが順調でないと、旅立つことはできないのです。
目標は活力になります。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 01:53:38|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文翔館で山形弦楽四重奏を聴きました

2010-07-26_17-22.jpg
文翔館で山形弦楽四重奏第36回定期演奏会を聴きました。
とても素晴らしかったです。

WAモーツアルト 弦楽四重奏曲第11番 変ホ長調 K171 ウイーン四重奏曲
FJハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調OP74・1 アポニー四重奏曲
Bバルトーク 弦楽四重奏曲 第1番 Op7 Sz40

機械の調子があまりよくなく、うまく伝えられないのが残念です。
4人の音が絶妙なハーモニーをかもし出し、議場ホールという建物にとてもマッチしていました。
1人ひとりの音楽のやりとりが素晴らしく、楽しんでいるのが伝わりました。
ほんとに勇気をいただきました。

山形県は、昔県令の三島通庸が我らのとなりの那須塩原市三島の開拓をした人で、深いつながりがありました。
昔の偉人に感謝しつつ、そんなことで、何かの縁でしょうか、山形弦楽四重奏の演奏を聴く機会を得ました。

1年前はそんなことになるとは思って見なかったことでした。
きっかけは、ビオラ弾きのらびおさんのブログです。
私は中高年になり、目標がぼやけていた時、彼のブログがどんなに私をはげましたことか。
私は昨年より少し前進できたと感じています。
生らびおさんにもお会いでき、握手しちゃいました。ほんとに素晴らしかったです。

演奏会を終って、月が私たちと一緒に栃木までよりそってくれました。2時間半ほどで家についたのはびっくりでした。また少ししたら小出しに山形の旅日記を書きたいと思います。
  1. 2010/07/27(火) 21:27:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

皆さんよいところに住んでますから・・・

2009-10-18_11-10.jpg

皆さんのんびりした曲が得意ですねー
やはり、山々に囲まれて良いところで生活していますからねー
戦いの曲は苦手みたいですねー

あー・・・・いなかもんでし・・・
  1. 2010/07/22(木) 19:55:16|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私を離さないもの

2010-07-16_16-17.jpg
写真は東京丸の内三菱1号館美術館の入り口

最近ひとつの演奏会を聴きにいくと次の演奏会が入ります。そんなこんなで、今日は室内楽。
セントラル愛知響からのメンバーによる室内楽の世界です。

ミヒャエル ハイドン ディベルティメント ハ長調
ラインホルト グリエール ヴァイオリンとコントラバスのための組曲
ジョバンニ ボッテジーニ パッショーネ アモローサ
ピョートル チャイコフスキー ピアノ3重奏 イ短調 偉大なる芸術家の思い出に 作品50

ヴァイオリン 寺田史人 チェロ 本橋 裕 コントラバス 榊原利修 ピアノ 榊原祐子

あまり聞いたことのない曲目でしたが、すごかったです。
チャイコフスキーは大曲でした。聴き応えがありました。
今のところ、こんな風に音楽が私を離さないのです。
  1. 2010/07/18(日) 18:04:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長岡京室内アンサンブル

2010-01-24_13-10.jpg
写真は冬の那須

2010.7.13(火)那須野が原ハーモニーホール大ホール
18:00開場 18:30開演

チャイコフスキー 弦楽合奏のためのセレナード ハ長調 op48 ワルツ
ストラヴィンスキー ミューズを率いるアポロ
チャイコフスキー フィレンツェの思い出 ニ長調op70

入場料 全席指定 3000円 学生2000円

行ってまいりました。とても幸せな時間でした。
遠出返りで忙しかったのですが、行ってよかったです。
ホールの響きがすごかったです。17名の演奏でしたが、これでもかこれでもかと響かせていました。
曲が繊細さと変化と広がりをもっていて引き付けられました。ロシアすごいです。
特にビオラが増えて素敵でした。音のバランスが絶妙。昨年よりよかったと思いました。
サインもらえばよかったなー・・・また聴きたいです。

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/13(火) 21:43:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

思いで

2009-10-04_12-57.jpg

子供の私の庭(?)に、薬師堂がありました。
その境内で、紙芝居を見るのです。たしか5円とかで、おまけもありました。

その近所には、あたご文庫という古本屋さんがありました。
子供のころの楽しみは、そこでたくさん漫画本を借りて、家にある「長持ち」にいっぱい漫画本があり、
その漫画にうずもれて読むことでした。幼い私は兄に「本読んで」といってせがむのが口癖でした。

そのあたご文庫の裏手に、確かあたご池といったか、神社と沼がありました。
ある日、その沼に大変なことが起こりました。

N製作所という、ロザリオやら首飾りやらの製作所が、製品を全部処分するのに、その沼に捨てたのです。
近所の子供という子供らが、おそらく小学校区3校くらいおよんでの動員になったでしょうか。
バケツやらなにやらを手に、水をくみ上げ、どろんこになりながら、
中から出てくる装飾品を、宝物を探したようなうれしさでかき集め
それは多種類があとからあとから出てくるのでした。

幼いころのちょっとした大きな出来事でした。
  1. 2010/07/09(金) 21:03:40|
  2. 根っこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表現しなければなりません

2010-02-14_08-24_0002.jpg

「みなさんは音楽を表現しなければならない責任があります。言わないといけないんです。」

と 練習で先生に言われました。

ただ趣味で楽しんでいるだけなのだけれど、なんか、表現する責任があると?・・・

この花も、蘭として生きていて、花咲こうとしているのだけれど、やはり、咲かなければならないのです。

それと同じか。とひとりごちました。
  1. 2010/07/08(木) 18:58:22|
  2. 練習へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人

2009-10-04_12-58_0001.jpg
なぜかセピア

プロフ写真は、読んでいただく人へのせめての礼儀として載せていますが、私は名もない一般人です。
若者たちから、ネットに住む場合のネチケットとして、個人を特定できる情報には気を付けるよう教わりました。

でも時々すなおに自分公開しちゃいますが、あくまでネットは未知の分野ですから、
一般人が使うには気を付けねばなりませんね。
  1. 2010/07/08(木) 06:36:22|
  2. 佐久山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

希望

2009-10-29_15-12.jpg
普段仕事で、長い時間を拘束されるので、旅はあこがれます。
時々遠出しますが、最近はあまり遠くへは行けません。
でも、音楽は、その時代背景や、情景などを思い浮かべてイメージを作ります。
イタリアの曲ならばその明るい力強さや、おおらかさなど。
どうも行動範囲の狭い私にはいまいち想像力が足りません。
音楽をやると気分転換になるのは、そんなふうに思いを遠くへ飛ばすことで、旅ができるからかもしれません。
  1. 2010/07/07(水) 05:21:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

無題

「こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ」 石川啄木 一握の砂より

昔、恩師から教わった歌です。願わくば この短歌のように こころよく働きたいものですね。そうすれば趣味も一段と充実するような気がします。

2009-10-06_12-39_0001.jpg
  1. 2010/07/04(日) 22:13:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シューベルト

2010-02-14_10-04.jpg
日原公大氏作品

第53回レクチャー・コンサート 2010クラシックサマーシリーズ
〰ウイーン・ウイーン・ウイーン〰

第1部 15:00〰 シューベルトの歌曲(解説:丹羽正明)
第2部 16:00〰 コンサート 野バラ ます 子守唄 魔王 アヴェマリア セレナード 岩上の羊飼い ほか
出演 ソプラノ 西村有希子 バリトン 加耒 徹 ピアノ 東井美佳 クラリネット 斉藤雄介
2010.7.3(土)14:30開場 15:00開演
開場 那須野が原ハーモニーホール 大ホール
入場料 1000円

行ってまいりました。「魔王」最高でした。野バラもよかった。
レクチャーコンサートは今回53回になるということで、私は初めて聴きにいったかもしれません。
これまでの貴重な音源を活用して、ネットで聴けるようにしたらすごいと思うのですが、
やはり本物を聴くのはうれしいです。知っている曲も多かったので楽しめました。
レクチャーも、久々の音楽の授業で楽しかったです。また行きたいです。

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/03(土) 21:47:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。