ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

根っこ

実に45年ぶりの再会は芸術のありかた云々の会場だった。中学生の私を覚えていてくれた彼は書家になっていた。実に驚いたけど、彼は自分に負けずに生きて来たんだと思った。自分の根っこをまた確認した日でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 21:52:06|
  2. 根っこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弦楽四重奏を聴く

130114_204447.jpg
ブロ師のらびおさんたちの弦楽四重奏を聴いてきました
130114_202927.jpg
F,Jハイドン 弦楽四重奏曲 変ホ長調OP64-6
紺野陽吉 弦楽三重奏曲 
LVベートーヴェン 弦楽四重奏曲 15番 二短調 OP132
130114_203017.jpg
ハイドンは77歳の時の作品だということでその作曲意欲に打たれました。
紺野陽吉は、大正生まれの方だそうで、古き日本の香りのする楽しい曲でした。
そして、LVベートーヴェン 15番・・・この曲に、私はひきつけられてここ山形まで来たのです。
家にあった弦楽四重奏のたった1枚のレコード。
多感な少女時代に、なぜか家にあったこの1枚のレコードを、私は何度聴いたことか。
くそ長い45分もの大作。理解などとうていできる状態ではないけれど、
これしかなかったので、聴いていた青春・・・
生演奏でこの曲を初めて聴いていて涙があふれました。
私の中に生きていたこの曲
40年の歳月を経て、聴かせていただいた懐かしさと素晴らしさ。
これからもっとたくさんの人がこの曲を聴いてくれることでしょう。
雪だけど暖かだった山形は好きです。
そして、自分は3月の演奏会に素直に努力し臨むことができそうです。
130114_112522.jpg
みつやさんのそば
130114_164226.jpg
栄屋さんの鳥うどん
  1. 2013/01/15(火) 17:44:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小林武史氏の「わが人生」

初代音楽監督であった小林武史氏の随筆が神奈川新聞に連載されていました。
http://www.vn-takeshi-kobayashi.com/
「我が人生」です。
彼はグローバリストとして生まれ生涯その人生を歩んでこられました。
私たちの練習の合間に聴く話は、今のアジア情勢を予告するような内容だったかもしれません。
戦争の時代を知る方々のお話はすごいと、いつも思います。
  1. 2013/01/05(土) 13:25:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

10_20130103155615.jpg
あけましておめでとうございます。
自分たちの録音を聴きつつ、更新しています。
私たちアマオケは、練習して来ない、音が小さい、曲を仕上げるのに何か月も時間がかかる・・・
田舎のアマオケで、平和ぼけしている・・・
飲み会でのことです。
市民オケというのは、この田舎にあることがまず奇跡だと・・・思っています。
  1. 2013/01/03(木) 16:08:34|
  2. 今日のひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。