ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

那須フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会 2017.3.26

第18回 定期演奏会
2017年3月.26日
指揮 田中 祐子 氏
Vn独奏 村井 俊朗 氏
管弦楽 那須フィルハーモニー管弦楽団
曲目 ベートーヴェン  ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
    ブラームス    交響曲第1番 ハ短調 作品68
・・・・・・・・・・・・
ついに今週末となりました。
多くの方々に助けられ、演奏会にたどり着きます。
私は、この演奏会のあと、オーケストラにしばしお休みを頂き、職場復帰する娘の「働く母」を応援したいと考えています。
好きな音楽は辞めたくないので、室内楽を続けようと思います。
那須ふぃるには、優秀なメンバーが数多くおり、講師陣も充実し、なんと、ビオラパートは初めてエキストラなし
という、やっとの感があります。
40歳の時に立てた3つの目標のうち、一つがこのオケの活動でした。
多くのことを学び、得るものが多かったと感謝しています。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 16:39:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オルガンスクール 第3回 定期発表会 を聴く 2017.3.19

小学生から一般まで、11名の発表を聴きました。
パイプオルガンをホールいっぱいに響かせるのは凄い事です。
とても3年でここまでというレベルではなく、音楽の下地ができていてのオルガンスクールであろうと思いました。
バッハのパッサカリアなどは少し粗削りではありながら、思わず感動しました。
・・・・・・・
講師による模範演奏
ジャン フィリップメルカールト氏
 JSバッハ: プレリュードとフーガ ニ長調 BWV 532
 F.リスト: バッハの主題による幻想曲とフーガ
・・・・・
素晴らしい演奏に浸ることができました。
身近にこんなに素晴らしい音楽を聴くことができるのは、大変幸せなことです。
メルカールト氏は長身で均整がとれ、オルガンの貴公子のようです。大ファンです。
  1. 2017/03/21(火) 16:21:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「卵の中の白雪姫」を観る 2017.3.12

那須野が原ハーモニーホール演劇講座発表会を観ました。
作 : 別役 実
演出: 大河内 真由美
音楽: 上野 哲生
証明: 鈴木 淳子
音響: 古賀 みちる
舞台監督: 杉山 幸子
・・・・・・
演劇というのは、言葉が多い。と感じました。
それぞれの役をこなしていて、良かったです。
出演者を輝かせ、観るものに訴えるのに、作から監督まで、これだけの下準備が必要なんだと
改めて思いました。
  1. 2017/03/21(火) 16:10:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017都民芸術フェスティバル オーケストラシリーズを聴く(20173.2)

孫に会いに行くついでに、オーケストラを聴いてきました。

於:東京芸術劇場コンサートホール
出演:東京都交響楽団 指揮 梅田俊明 ピアノ:小山実稚恵 コンマス:山本友重
プログラム:ベートーヴェン
       エグモント序曲   ピアノ協奏曲第5番皇帝    交響曲第8番
・・・・・・・
2回目の東京芸術劇場でした。ほんとにすごいホールです。
この日はパイプオルガンは反響版で隠れていました。
ベートーヴェンの作品はとてもよく知られており、ある意味弾く人は怖い面があるのかもしれません。
なぜなら、きちんと弾かないとならず、音をごまかせないからです。
自分が演奏した曲は、また別の聴き方をしてしまいます。つまり、細かい点まで聴いてしまいます。
しかしやはり一流の音楽は素人のものとは違うので、随分楽しめるのでした。
また聴きに来たいと思いました。
  1. 2017/03/08(水) 11:37:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那須野が原少年少女合唱団定期演奏会を聴く

2月26日に合唱団育成講座(少年少女)第39回定期演奏会を聴いてきました。
指揮:佐藤 綾 ピアノ:小瀧 晴美
プログラム:林 光 作曲 世界のなぞなぞ「ちえくらべ」
        日高 万利子 編曲 イギリスの民謡 ロッホローモンド(スコットランド)
                                スカボローフェア(イングランド)
                                夏の名残のバラ(アイルランド)
                                春の日の花と輝く(アイルランド)
       合唱シアター 「ブレーメンの音楽隊」 大谷美知浩台本作詞 小六 禮次郎作曲
・・・・・・・
全部暗譜で歌っていました。びっくりです。子供の記憶力、集中力、総合力の高さに脱帽しました。
子供を指導するのは忍耐のいることで、指導者のご努力は大きいと思いました。
自分の小さい頃のことを思い出し、この子たちはきっと、将来活躍してくれると感じました。
  1. 2017/03/08(水) 11:19:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。