ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美しき水車屋の娘 音楽の泉

皆川達夫さんの解説で、
 - シューベルトの歌曲集“美しい水車屋の娘”     
                              
  ・さすらい ・どこへ ・小川への感謝 ・うたがい    
  ・朝のあいさつ ・涙の雨 ・休み ・かりゅうど     
  ・しぼんだ花 ・水車屋と小川 ・小川のこもり歌     
    (バリトン)ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
                 (ピアノ)イェルク・デムス
私の持っていたレコードはジェラルドムーアのピアノでエンゼルレコードのでした。
110709_075704.jpg

それこそ40年近く前のこと。
確か母が気に入って買ったのでした。
それが、白髪の彼が同じ曲を唱っていたのでした。
しばし感動です。
この間の地震で、余震も多く、重いレコードはもう処分しようとしていた矢先でした。
レコード盤はもう聴けないけれど、やはり捨てることはちょっとできそうにありません。
それにしても、今やっと、この曲の素晴らしさに気付いたのはちょっと遅かったですね。

なんと、考えてみれば、私の幼いころ、この時間にこの「音楽の泉」は放送されていたのです。
堀内敬三さんの解説でした。そのころに私が形作られていたのですね。
確かに幼い私は今の根っこでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/09(土) 07:54:12|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<体育館で | ホーム | 日常>>

コメント

音楽の泉

ほんとに長寿番組ですね。最初は堀内敬三さん、次が村田武雄さん、今は皆川達夫さん。テーマ音楽を聞くと、一瞬、タイムスリップしますね(^o^)/

  1. 2011/07/10(日) 09:55:53 |
  2. URL |
  3. narkejp #flFdlPW.
  4. [ 編集 ]

narkejpさんへ

こんにちわ。コメントありがとうございます。
narkejpさんも、昔から聴かれているのですか?
びっくりするほどの長寿ですよね。
なにせ私の生まれる前からですから。
真空管ラジオの時代ですよね。
ほんとに皆が貧しかった時代でした。
オレンジの粉ジュース5円で買って、兄弟皆で分けた覚えがあります。
narkejpさんの家は農家でしたか、幼少時は食べ物は豊富でしたか?
音楽の良さは変わりませんね。
  1. 2011/07/10(日) 18:34:49 |
  2. URL |
  3. びよばば #-
  4. [ 編集 ]

真空管ラジオの時代

子供の頃は、実際、真空管ラジオの時代でしたね。ほんとに皆が貧しかった時代でしたが、幸いに我が家は農家でしたので、お金はないけれど食料は困らない環境でした。イチゴに始まり、サクランボ、スモモ、モモ、ナシ、リンゴ、柿と、一年中果物がありました。なんだか今もあまり変わらないみたいですね~(^o^)/
  1. 2011/07/12(火) 20:39:42 |
  2. URL |
  3. #flFdlPW.
  4. [ 編集 ]

Re: 真空管ラジオの時代

イチゴに始まり、サクランボ、スモモ、モモ、ナシ、リンゴ、柿と、一年中果物が・・・うらやましいですねー
  1. 2011/07/13(水) 04:09:45 |
  2. URL |
  3. びよばば #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kampanella.blog45.fc2.com/tb.php/307-b50da319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。