ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニューイヤーパイプオルガンコンサート 2017.1.7

娘と1歳になる孫が遠方から帰ってきて、楽しい毎日を過ごしていました。
O歳からのオルガンコンサートがあると知り、行っておいで、と送っていきました。
他にも遠方から里帰りなのか、ナンバーが遠い地方の車が来ていました。
近くに0歳からホールデビューできるところがあるなんて、なんて素晴らしいんでしょう。
大体は小学生以下は入場出来ない演奏会がほとんどです。
娘:いきなり最初からジャーンとはやらないよね、びっくりするもんね。
母:それはそうでしょうね、0歳からだもんね、
・・・・・・・・
0歳からのオルガンこんさーと
曲目 エルガー 威風堂々 バッハ:イタリア協奏曲 主の望みの喜びよ トッカータとフーガ ボヴエ:赤とんぼによる瞑想曲
    ディズニーメドレー サンサーンス:動物の謝肉祭 ヘンデル:メサイアよりハレルヤ
迎えに行くと、皆ニコニコして会場から出てきました。
母:どうだった?
娘:一曲目から爆睡してたよ。最初からジャーンだったよ。前にいた0歳の子はずーっとにこにこだったよ。
  トッカータとフーガは泣き出した子もいたけど。
母:でも演奏聴けてよかったね。娘:うん良かった。
・・・・・・・
アフタヌーン・オルガンコンサート
曲目:バッハ パッサカリア ソナタ 主よ人の望みの喜びよ Gボヴエ 赤とんぼによる瞑想曲 サンサーンス 動物の謝肉祭
    デュリュフレ 組曲作品5より
演奏 大木麻里
オルガンの鍵盤が見えるスクリーンがあり、両手両足をフルに使っているのがわかりました。
鍵盤は3段あり、多種多様な音色が聞こえました。
ストップがいっぺんに戻るのも見ることができました。
デュリュフレという作曲家はオルガンで初めて聴きました。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/17(火) 13:32:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<那須野が原ハーモニーホール ニューイヤーコンサート 2017.1.9 | ホーム | Messiah Concert 2016.12.25 in 那須ステンドグラス美術館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kampanella.blog45.fc2.com/tb.php/507-f92069ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。