ざるビオラ・わくわく日記

素人ビオラの今の自分から過去の自分へ教えてあげることを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福原資保 佐久山を治めたお殿様

講師 那須与一伝承館学芸員 前川辰徳氏
時代 戦国時代~江戸初期
※ 福原氏とは 那須氏の有力な庶子で、福原四郎久隆を始祖とする一族
   中世前期~明治維新に至るまで、那須郡福原、佐久山を治める在地領主として君臨した。
※ 福原文書とは 戦国領主から交代寄り合い福原氏として成立、展開してきた経過を跡付ける251点の文書
・・・・・
大河ドラマの影響もあって、普段お殿様や歴史には縁遠い私が、興味深く聴いてきました。
子孫が実在し、豊臣秀吉書状など本物を持っておられることなど、はるか遠くへ思いをとばすような、
しかし、昔の書類を何百年を経て垣間見たとき、不思議な感動を覚えました。
レプリカでは味わえない微細なところまでを、学芸員から目の前に広げられた時の感動は今も忘れられません。
これからも伝え、探求していってほしいと思いました。
  1. 2017/01/17(火) 12:01:35|
  2. 佐久山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本番に乗ることの意義

練習に使用させていただいている公民館がある市は、近いけれどお隣。
産業文化祭音楽祭に出場させていただきました。

曲目:モーツアルト 交響曲第25番 弦楽合奏版

出演時間は10分でしたが、その本番への準備に多くの時間を割きます。
その10分のために何日もスタンバイし、本番は緊張します。

終わると達成感があります。演奏する方も、聴く方も、お疲れさまでした。
来年はどうなるのかなあ・・・

  1. 2016/12/14(水) 10:19:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆を煮る

3年前に大雪で停電があり、その時から教訓として開放式石油ストーブをつかっています。
これが、低燃費で、お湯が沸くし、煮物もできるので、寒い季節には活躍します。

今年は煮豆を。
元来、時間をかけて料理をするというのが苦手なのですが、
一袋400円くらい。
ストーブに乗せておくとできてしまうという、やってみるととっても簡単。
そしてその間、あったかく過ごせる。省エネな生活。

何より静かで、時折コトンと石油の音がするのみ。この豊かさに驚く。

洗濯機も、10年前の高価なドラム式が使いづらいと感じ、昨年から、旧型へ。
よく汚れが落ち、乾燥は天日に干す時間があり、これで充分。

車も、15年目に入るけれど、修理はなく、調子は悪くはなく、
7万キロしか乗っていないし、ごみなども遠慮なく積んで捨てに行けるし、
自動発券機のすれすれに止めて、降りずに入れる。
もちろん、新車は「わくわく」がたくさんありそうだけれど、
手に入れる前の「わくわくする時間」も楽しい。
  1. 2016/12/14(水) 09:55:57|
  2. 家でのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大子町へ

北茨木の県北アート展へ行ってきました。
といっても、茨木県北全箇所は廻られず、いつでも行けるからと思っているうち
11月20日をもって終了となってしまいました。

大子町へは一時間ほどで行けるところで、何度も通り過ぎているので
道は良く知っていたので、案内は楽でした。
天気は快晴で風もなく、よい旅となりました。

アート展というのは、ふらふらと歩いて作品を見つけるという感じで、
中にはパソコンが機能していないで、なにこれ状態のもありました。
印象に残ったのは、上岡小学校での作品で、それぞれ動物の「ふん」を漆で塗り固め、
それぞれの動物の形を形成しているものでした。
一つ一つの繭のようなものは何かと思いながら、後から「ふん」でつくっているとわかりました。

もう少し早くいろんな作品を見ればよかったと思いました。
  1. 2016/11/22(火) 10:24:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ソプラニスタ岡本知高を聴く

凄い存在感です。
曲目
一期一会 花の首飾り さくらの花よ泣きなさい 木蘭の涙 上を向いて歩こう 
見上げてごらん夜の星を 糸 友よ ピエイエズ メモリー 春なのに いのちの歌
アンコール アベマリア 誰も寝てはならぬ
最後は涙が出てきました。
  1. 2016/11/09(水) 16:45:16|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇都宮シンフォニーオケを聴く

ベートーヴェンチクルスNO5ということです。
曲目
「フィデリオ」序曲
ピアノ協奏曲 第5番 皇帝
交響曲第6番「田園」

コンチェルト良かったです。ピアノのびのびしていました。
田園は弦楽器頑張っていました。

木管楽器良かったです。
ベートーヴェンの充実した世界を味わいました。
  1. 2016/11/09(水) 16:37:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書道展に行く

抱原書展に行きました。
小品のテーマは「心」だそうです。
私にはよくわからないけれども
素晴らしい筆使いだと感じました。
会長の酒井真沙氏は盲目でこれらの作品を仕上げているそうです。
生活だけでも大変だろうに、芸術を完成させるのは凄い事です。
意志の力でしょうか。
同級生が一番弟子を務めていらっしゃり、これからが楽しみです。
  1. 2016/11/09(水) 16:30:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図書館にて

地元の図書館にふらりと自転車で行きました。
入口にはトールペイントの作品群が目をにぎわせてくれました。
まず焼き菓子屋さんに入り、お茶をして落ち着いてから
図書館にはいりました。
古い本の中に、なんと、新刊が紛れ込んでいました。
以前買おうかと迷って、結局買わなかった本でした。
ちょっとうれしくて、一気に読破しました。
エッセイの部類なので、むづかしくはない内容で、3時間で読めました。
いつもは、こんなにはいないで帰っていたので、これからは少しじっくり
通ってもいいかと思いました。
  1. 2016/11/09(水) 16:23:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去の自分に贈るブログ

過去の自分へ
久しぶりです。ずいぶん飛ばし気味の日常でした。
まずは同級会山梨へのバス旅です。
早朝に起き目覚まし4つ鳴らして旅立ちました。
いつものようにバスは大型です。東北道から圏央道そして中央道。
時期がピークらしく、混んでいました。
昇仙峡の紅葉は少し早かったか、しかし、穏やかな秋の1日に恵まれました。
元祖ほうとうの店 小作甲府駅前店の3Fで昼食はとても美味でした。
武田神社から恵林寺へ行き、勝沼マンズワイナリーを経て帰ってきました。

  1. 2016/11/09(水) 16:15:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

塩原温泉ストーリー

お隣といえる塩原温泉の特別展を見に行きました。
講演会や見学会は事前申し込みが必要なため、展示をじっくりと見てきました。
すっかり親しんでいる塩原温泉は、じつは1600年に創業した温泉もあり、大変歴史ある観光地でした。
小学校の遠足で行ったところで、職場の忘年会にも何度も行き、家族でもゆっくりしてきたところで、
景観の美と静けさと、スキーにも何度も訪れたところです。
今回の展示では、別荘群や御用邸、過去に訪れた文豪や芸術家などの膨大な資料を見ることができました。
宿帳はその日に供されたお膳立ての一覧も記されており、興味深いものでした。
帰りに展覧会図録を買って帰りました。
入場券とともにいただいた、復元された塩原電車の片道切符がとても新鮮でした。
こんな近くにこんな温泉があるなんて、幸せなことでした。
天気の良い秋の一日に、ゆっくり行ってみたいと思いました。
  1. 2016/10/17(月) 15:47:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

昴21 弦楽四重奏を聴く

引き続き、過去の自分への報告

昴21弦楽四重奏団公演
於 那須野が原ハーモニーホール
曲目 グラス      弦楽四重奏曲 第2番「カンパニー」
    ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第2番
    ハイドン     弦楽四重奏曲 第81番
出演 ヴァイオリン  三又 治彦 氏
    ヴァイオリン 佐久間 聡一 氏
    ヴィオラ  御法川 雄矢 氏
    チェロ  玉川 克 氏

素晴らしい緻密な演奏でした。
グラスの弦楽四重奏曲はとても面白いと感じました。
ベートーヴェン、ハイドンは聴き甲斐のある曲でした。
2台のヴァイオリンは良く響き、低音はあくまでも支えていましたが、
時折聞こえるヴィオラのいぶし銀のような音色は素敵でした。
彼らは優等生、エリートの演奏という感じもしました。
回数を重ねるにしたがって、音楽の遊び的な余裕も帯びてくることでしょう。
また来年聴けたらいいなと思いました。
  1. 2016/10/11(火) 14:01:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の自分に送るブログ

私はこのブログを試しに過去の自分への語りとして書いてみようと思います。
過去の自分は1分でも1日でも、それ以前の過去の自分でもです。

まず、自分に言い聞かす一説。(簡略したもの)

情緒は人の根幹を成し、それをはぐくむに最も適したものとして芸術は今、認知されているが、
重要なものであるとは思われていない。
一般に芸術・文化への関心は、生活のゆとりから生まれると考えられ、娯楽と混合されがちだが、
芸術は享楽娯楽でなく、人の原点で正しく生きる方向を決める情操をはぐくむことも含んでいる。
情緒なくして未来の豊かな人間生活は存在しないであろう。
芸術とは、人々や社会を感動の世界へ誘い、幸福感を与えてくれる。
幸せの感覚は、人を前向きにし、生きる活力となる。
芸術的行為は、その人の完成のみでなく、鑑賞者に潤いをもたらす。
豊かな情操にはぐくまれた人は、計り知れぬ能力と生活力を発揮する。
人はゆったりとした時間の中で、良い人間環境を守り育てられなければならない。
  1. 2016/10/11(火) 13:33:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AZIA ORCHESTRA WEEK 2016 IN オペラシティ

行ってきました。オペラシティ 武満メモリアルコンサートホールです。
コンサートホールは初めて入りました。
音響は立体的に聞こえ素晴らしいです。
部屋全体が黄金色にライトアップされ、別世界に来たようです。

出演 セントラル愛知交響楽団
指揮 斎藤一郎氏
曲目 ユン イサン 弦楽のためのタピ
    芥川也寸志 交響三章「トリニタシンフォニカ」
    リムスキー・コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」

作曲家というのはどのような頭の中なのだろうか、と時々思います。
凡人にはとても作れるものではありません。
なにしろ自分のような素人は楽器を弾くことで精いっぱいです。
それすら、大変な時は何かと口実をつくって演奏することを避けてしまいそうです。
でも私にとって音楽はセキュアベース(安全基地)なのかもしれません。
これからもかかわっていくだろうと思います。
  1. 2016/10/09(日) 19:56:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ASIA ORCHESTRA WEEK 2016 IN 多賀城市文化センター

宮城県多賀城市まで行ってきました。
アジアオーケストラウイークという文化庁主催のオーケストラの共演です。

出演 セントラル愛知交響楽団 
曲目 芥川也寸志 交響三章 「トリニタシンフォニカ」
指揮 斎藤一郎氏

出演 バンコク交響楽団
曲目 ベートーヴェン 序曲「コリオラン」
指揮 ミシェル ティルキン

合同演奏 
指揮 ミシェル ティルキン
曲目 ドヴォルザーク 交響曲第8番

多賀城市は被災地でした。道路などはきれいに整備され、家屋は新しい家が多かったから、
被災地であることを忘れそうでした。
学生なども多数聴きに来て、満場で催された合同演奏会は圧巻でした。
セントラル愛知響には私たちオーケストラ養成講座受講仲間の本橋裕さんがチェロのトップを務めています。
素晴らしい演奏でした。プロならでわの響きを堪能しました。片道2時間半かけてもいった甲斐がありました。
このアジアオーケストラウイークは72回目というとても歴史ある催しで、これまで名だたるオケが出演してきたのでした。
来年も来たいと思いました。
  1. 2016/10/09(日) 17:10:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仏学始祖 村上英俊 記念講演会

さて、博物館コンサートもたくさんのお客様と一緒に楽しむことができ、
聴きに来てくださったお客さまへのいっぱいの感謝とともに、やっと一段落したところで、

大田原市那須与一伝承館 特別企画展 村上英俊 記念講演を拝聴しました
講師 桜井 豪人氏(茨木大学教授)
演題 村上英俊と「三語便覧」

1854年 私の生まれる100年も前の洋学辞書を編纂発行したという、
佐久山宿出身の村上英俊(1811~90)のことなどを聴きました。
佐久山で仕事をさせていただいていた関係で、興味を持ちました。
フランス語をオランダ語と英語と対比し、日本語のいわば辞書を作ったというものです。しかも独学で。
黒船がくる前で、フランスの土は踏んでいない(行っていない)中で、
当時の印刷技術はすべて版木に刻んで印刷したということで、
気の遠くなるような段階を踏んで作成されたものだということがわかり、昔の人の根気強さに驚きました。
講師の桜井氏の緻密な研究にも驚きました。
やはりこういった展示等の催しは、ただ展示物を見に行くのでなく、解説を直に聞くことで格段に理解が深まりました。
今後も機会があれば参加していきたいと思いました。
  1. 2016/10/09(日) 17:01:17|
  2. 佐久山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カテゴリ

音楽 (98)
未分類 (14)
練習へ (81)
家でのこと (39)
今日のひとこと (7)
旅 (57)
子育てについて (5)
雑記 (80)
佐久山 (30)
いろんな写真 (14)
FCトラックバック (11)
根っこ (15)

月別アーカイブ

プロフィール

kampanella

Author:kampanella
こんにちわ!ご来訪ありがとうございます。
ゆっくり更新します。

最新コメント

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。